読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根無草冒険手記

雑多になんか色々と

漫画色々届いた

マッスルマールーを最初に考案した猛者は一体どんな脳髄の持ち主なのか(ググると色々な意味でヤバい)。
PSO2のキャラクリはホント幅広いなぁ・・・(遠い目をしながら)。

 

さてはて。ヨドバシカメラで買った漫画が届きました。7冊程。
どれも実に面白かった!でも3月のライオン買うの忘れていた(出たの何時だよって話だよね)!後で買わねば。

 

へうげもの19巻はなかなか物語が佳境に入ってきた感じ?かな?
歴史に疎いので、時系列的に物語がどこら辺を進んでいるのか良く判らないんですけどね。

 

へうげもの(19) (モーニング KC)

へうげもの(19) (モーニング KC)

 

 

ジャジャ18巻はレナとミヤギの仲が面白い事に成ってきたのでこれまた続きが気になる所。
バイクに疎いので物語として楽しんで読んでいるだけなのですが。

 

ジャジャ 18 (サンデーGXコミックス)

ジャジャ 18 (サンデーGXコミックス)

 

 

ワカコ酒4巻は毎度扱うものが・・・渋いっ!と感じますな。
ただ、酒のアテは個人の選り好みもあるので、ものによっては「うむむ」と思う事も。

 

ワカコ酒 4 (ゼノンコミックス)

ワカコ酒 4 (ゼノンコミックス)

 

 

クリームチーズの味噌漬けの回で「チーズだけだと日本酒を飲もうとは思わない」と書いてありますが、自分はチーズ+日本酒は好きです(チェダーチーズ辺りで日本酒と合わせるのが好き)。

 

ま、酒の飲み方に「こうだ!」という決まりは無いので、自分で美味しいと思う飲み方が出来れば其れで良いんですよ。
なのでこういう漫画は参考として覚えておいて、自分で色々と試して自分に合う飲み方を覚えるのが最良であり、楽しいお酒の飲み方でしょうな。

 

鶴田謙二の「ポム・プリゾニエール」は、表紙は実に挑発的でありますが、中身はそんなに挑発的ではないです。出てくる女性キャラがほぼ全編で全裸ですが。
てか表紙の女王様、猫の機嫌取りに躍起になってて可愛らしいキャラですよ。

 

 

木村紺の「マイボーイ」はもう毎度ですが、この作者、作品毎に作者のカラーをガラリと変えて来るので、新しい作品読む度に「おおおお!」て成りますな。
神戸在住」然り「巨娘」然り「からん」然り。そして今回の「マイボーイ」然り。其れでいて毎回面白い作品を描いて来るんだからたまらんです。

 

マイボーイ(1) (アフタヌーンKC)

マイボーイ(1) (アフタヌーンKC)

 

 

二宮ひかるの「さ迷える心臓」と「神崎くんは独身」の2冊はどちらも面白かったですな。
この作者が描く男女の絡みは何と言うかこう、妙に生々しいものがあるのですよ。

 

昨今の作品ではなりを潜めていたのですが、今作では案外発揮なさっていたので、そういう意味でも面白かったです。
でも何か微妙にレズものを描くようになっていたのはこれ如何に。今迄全く描かなかったのに何があった。まあストレートなものでは無く、やや変化球気味ですけど。

 

 

 

神崎くんは独身 (芳文社コミックス)

神崎くんは独身 (芳文社コミックス)

 

 

しかしどれも面白かった作品でした。明日また読み返そう。