根無草冒険手記

雑多になんか色々と

We called it Britannia

One man's meat is another man's poison.
これは海外の諺であり、「あなたにとってのその肉は他人にとっての毒である」といった具合の意味で、日本の諺で言うならば「蓼食う虫も好き好き」辺りが近いかと思われます。

 

浮世には様々な事象、物品、思想等、色々なものが御座いますが、全人類共通の価値あるものなど無いのが真理ではなかろうかと思います。
これはもっと狭い界隈、例えばオンラインゲームの中でも当てはまる事ではないでしょうか。

 

例えばUO。今年の9月でサービス開始から20年も経った奇跡のような存在のこのタイトルですが、夜空の星の如き数の大量のアイテムが存在しております。
数年運営の続くネトゲですらゲーム内で目にするアイテムの数は膨大になるのですから、20年も進化し続けたUO内でのアイテムの数などは、そこらのタイトルとは桁が違います。

 

何せ人の家に上がり込むと、まず確実にどうやって手に入れるのか判らないアイテムが散見されます。
UOのアイテム入手の手段は多様にあり、単純にモンスターがドロップするものの他、運営のロックダウンミスで入手が発覚したアイテムや、期間限定イベントで配布されたアイテム。更には各サーバーでしか入手出来ないアイテムや、単純に向きが違うだけのアイテム等、どんなアイテムが何種類あるのか。その全てを把握するのは困難を極めるでしょう。

 

これら多くのアイテムが全てユーザーの冒険に役に立つものなのかと問われますならば、答えは「ニェット!」であると言えましょう(何でロシア語なんだよ)。
寧ろ多くのアイテムは、ゲーム内で入手したユーザーを有利にさせる事も無い、単にセキュアやロックダウンを圧迫するだけの、何の役にも立たないアイテムばかりであります。

 

「そんなアイテムに何の価値があると言うのか」と思われるのは至極当然の事で御座いましょう。
しかし冒頭で申しましたように、全ての人に等しく価値のあるものなど存在しないのが理であるというのは、一見すると無価値なものにも、人によっては価値を見出だせるものであるという事であります。

 

ここに一振りの武器があります。

f:id:unasareru:20170927081629j:plain

速度+35%にダメージ+35%。物理以外の抵抗値が+8%あり、更に自己修復が付いていると言う、付与されたModだけ見れば何と優秀な武器なのだろうか!と思えなくもありません。
元がクソ弱いので、どんな優秀なModが付与されても結局はクソ弱いという唯一にして最大の欠点がこの装備をゴミに貶めているのですが(見た目とショボさの所為で世間からはキュウリやゴーヤと呼ばれている)。

 

然し考えてみて下さい。速度+35%なんて狂気の産物ですよ。スタミナ盛らなくても最速余裕だし、自己修復があるので一生これ一本で戦える。
こんな貧乏人に有り難い装備を使わないなんて何と勿体無い事か!

 

と言う訳で自分はこの棍棒のコレクターなのです。
どれ位持っているかと言いますと、現在装備中なもので6本。その他に保存用に1本所有しております。

 

もう自身持って言いますが、Asuka鯖で一番この武器を所有していると言い切って差し支えないかと思います。
既に7本持っているのにまた欲しくなってしまい、ベンダー検索かけて唯一売っていた一振りを更に買い求めに赴いた位に好きですよこの武器。

 

そうして手に入れた棍棒使って作った新キャラがこちらです。

f:id:unasareru:20170927080322j:plain

作ってこうして動かした所で「あ、このキャラ多分、育てる事は無いかな・・・在っても数年後、気まぐれでちょっと触る程度かな・・・」と気付きました。
防具の良いのが手持ちに無くて、わざわざ裁縫ルニック200万gp以上掛けて2つ買って来て作ったキャラなんですがね。

 

まあ先ずはこいつの前(一ヶ月位前)に作ったガーゴイル育成の方が先ですしね。

f:id:unasareru:20170927081801j:plain

釣りと料理を器用にこなす(予定の)イカすイケメンガーゴイルです。
「世の中の甲殻類を食べ尽くす」事が目的とは本人談ですが、海老アレルギーなんで人生の目的達成が不可能の悲しいガーゴイルです。

 

ふざけて作った割には真面目に育ててますが、選んだ武器が投擲武器だったのでクッソ弱い!

 f:id:unasareru:20170927081841j:plain

でもこのクッソ弱さがたまんないです。飛び道具なのに最大で8マスしか届かないし、オマケに距離離れると命中やダメージが落ちるっぽいので、結局は握りしめて斬り付けてるし(投擲武器に対しては公式が「これは投げつけて戦うのが基本だけど手に持って斬り付ける事も出来る万能武器だよ!」と、実に中途半端な武器である事が明言されている)。
※上記の画像でブーメラン投げてますがブーメランの最大射程が画像の通りで此れより上位のブーメランでもあと2マス先までにしか届かないです

 

釣りすると外道でsea serpentが釣れるんで近接キャラだと面倒だから弓等の飛び道具で戦うのが良いよなぁ。でも弓は矢の費用がかかるから修理だけで使える投擲武器が良いんじゃないのか?とか思って始めたのにね。結局殴っているというね。

 

でもこんなクッソ弱い武器も導入当時はもっと弱かったんだから凄いですよね。
ガーゴイルが新種族として導入されて、彼らしか投擲武器は使えないという専用装備なのに、生まれた時から葬式ムードだったというね。

 

でもそういう存在意義の薄い存在が普通に受け入れられる懐の深い優しい世界。それがUOなんだと思います。
使うとホントにフォローしようも無い位にクッソ弱いですけどね。

 

最後に。

 

今回のブログタイトルはUO内にて、最近作ったギルドの名前になります(団員は現在自分一名のみ)。
元ネタはNOFXてパンクバンドの曲のタイトルからで御座います。

https://www.youtube.com/watch?v=EX3rgYRY_zM
歌詞のAmericaをBritanniaに変えても割と違和感無く今のUOを歌っていると思いるなぁと思って名付けたギルド名だぜ!

9/27 AM8:40追記
投擲武器の詳しい仕様を調べたら間違いだらけでした。
STRで射程が伸びるようです(最大11マス)が、射程に応じて適正射程があり、その距離より近いと命中率が落ちて遠いとダメージが落ちるみたいです。
命中率低下及びダメージ低下は対応する能力上げれば防げるようです(最大90%)。

威力に関してはSpMが修正されて、現在はダメージソースとして有効なイグノアが追加されたので使いこなせれば強いみたいです。
使っている人見た事も聞いた事もないですが(ギルメンが「投擲武器のPSC120が使い道ないし売れないしで邪魔だ!」と言って店で投げ売りしてるのが現実)。

でも片手武器なんで、POT気軽に飲めるのは良いと思いますよ(盾持てるけど持つと弱くなるんで持たないのが良いっぽい)。

相次ぐクマゼミの発見詐称報告はどうにかならんのか

アメリカに素数蝉と呼ばれる蝉がおります(周期蝉とも言う)。

 

この蝉はその名の通り、素数である13年と17年の倍の年数にだけ発生する蝉でして。
その理由は13と17の最小公倍数が221年と長く、異種同士の交雑を避ける為に進化の過程でそうなったとの事。

 

然し交雑を避ける為ならば、最小公倍数が221年と長いとは言え、交雑の可能性が無くなった訳では無いのですから、もっと他に良い方法が有るだろうと思うのです。
例えばお互いが17年周期で8年程のタイムラグを設ければ、多少の前後があっても永遠に交雑を避けられるのではないか、等。

 

然しこういった、傍目に見ると非効率的と思える所業も、当の本人からすれば、「永きに渡る数多の犠牲と研鑽の結果、この形に落ち着いたのだから此れが正解なのだ」と言う所なのでは無いでしょうか。
この蝉の例で言えば、氷河期の頃より最善の生き残りの術を模索し、この結論に達したのだそうで、たかだか数千年程度の文化しか持たぬ者が、横から「その考えは間違いだ」等と口を挟むのは配慮も知慮も足らぬ余計な事ではないかと。

 

この事は様々な場面で見受けられる事で、我々も普段、何気なく身近にいる人間に対して「彼奴は何をしているのだ」と思う場面が多々あろうかと思われるが、先達者がその者に対して「こうした方が良い」と言うなら兎も角、後続の新参者が「僭越ながら」等と申し添えながら進言するのは、思い違いも甚だしいのではなかろうか、と思うものです(全ての懸案がそうだと言う訳でも無いが)。

 

よってUOにて、未だに土エレ叩いて小銭握りしめてニヤニヤしてたり、羊毛集めて包帯作っていたりするような我が行為に対して、「お前は何をしているのだ今すぐボス討伐なりPSC取って来るなりToLのイベント進めるなり他にやる事幾らでもあるだろうに」と言う事が出来るのは、自分より長くUOをプレイしている者だけの権利である!と思い至ったのであります。

 

そんなこんなで19年目に突入で御座います。

f:id:unasareru:20170814203653j:plain

19年ですよ19年。自分がUO始めた時に生まれた人間がそろそろ成人式ですよ。そりゃ自分もオッサンになる筈だ。一ヶ月1,500円払ってきたとして、一体幾らになったとか計算したら負けですよ(そしてアカウントは6つあり、どれも10年以上のアカウントなんだからホント幾ら払って来たんだろね)。
そろそろ運営から何か頂いても罰当たらんよね。

 

しかしこう、自分のUOを振り返ってみると、永く続いた理由は、UOのゲーム性が自分に合っていたと言うのは勿論ですが、良き仲間に常に支えられて来たのが19年も続いた理由では無いかと思います。
自分一人だけでは間違いなく続かなかったであろうと確信しております。

 

最初期の面子で言えば、何も解らぬ状態の者同士でコミュニティが築け、鯖移動はしたものの、Maginciaの一角に住宅街を築けたのが大きかったと思います。
海の真ん中に家を建築して、船使わないと入れない家などを建てて遊んでいたらGMが飛んできて「そこは違法だから撤去しなさい」と言われたりね。ホント普段何もしないGMが、こういう時には光の速さで飛んでくるのに吃驚したものです。

 

その後、初期メンバーがEverQuestに行ったり何だりでどんどん居なくなり、ぼっちになりかけた頃に付き合いの在った別ギルドの知り合いに「新しい鯖(Izumo)が出来るからそっちで一から遊ぼうと思うんだけど来る?」と声をかけられたのでそっちに付いて行って、Izumoで色々しでかしたり。
この時のメンバーも面白い人物揃いで、一人はあのIzumoの命名者で、後に命名者にだけ与えられる鯖に3枚しか無い証書をオークションに出して大炎上かましたりね(Odinよ今は何をしているのか)。

 

後はたまたま職場で知り合った方が、偶然にもUOユーザーであり、尚且つ同鯖だった事があり、長い事一緒になって莫迦な事ばかりしたものです(でも明らかに彼は自分より上の場所に立つ人間なので、大体自分が足を引っ張ってた感が否めない)。

 

その後、活動鯖をAsukaに移し、様々な仲間と出会って今に至るのですが、今の仲間は今迄以上に錚々たる面子です(MinocとMoonglowの首相が同席するギルドに今はひっそり籍をおく)。
ホント大した事もしていないのに、どういう訳か周りに集まるメンバーだけは凄い方ばかりで、その御蔭でたまに離れつつも、UOから完全に離れられないで居りますよ。

 

MMOはゲームである以上、その内容の良さは当然必須ですが、矢張りオンラインであるが故に、そこで生まれるコミュニティの良し悪しは、そのタイトルを長く続ける上で重要な要素でありましょう。
もうこうなればUOが運営を止める時まで付き合う所存ではありますが、ホントあと何年続くのかなぁとやきもきしているのも正直な所。

 

あれ程争奪戦のあった土地も、今やちょっと歩けば最大ストレージの空き地がモリモリあり、少し苦労して探せば砦や城が建つ事もある時代ですからな。
家の建築が面白くて遊んでいる自分にしてみれば、「良い時代に成ったものだ」と思わなくもないですが、手放しで喜べる状態では御座いません。其れだけユーザーが減っている証なんだし。

 

出来ればリチャードに戻って来て貰って、其れこそ彼の好きなように作ってもらいたいと思ったりもするのですが、彼の友人であるブラックソーンが「リチャードに自由にやらせるとアイディアが出過ぎて収集付かない。ツッコミ役がいないと絶対ダメだ」と言っていた事があるので、二人して戻って来て欲しいなぁ。

 

因みに冒頭で書いた素数蝉ですが、アメリカではその蝉が大発生すると、とっ捕まえてモリモリ食べるそうです(しかも蝉そのままにチョコレート掛けて形容し難いスイーツにして)。
太平洋戦争時代、日本の捕虜になったアメリカ兵が、食事でゴボウが出た事があるそうですが、帰国した時に「日本で木の根を食べさせられた!捕虜の虐待だ!」と言っていたそうですが。

蝉のチョコがけなんざ戦争で捕虜に出したらゴボウ料理出すより虐待だこの野郎!ジュネーブ条約良く確かめろ!と思ったものです。

ロシアの博物館にあるラスプーチンのアレってホントはオットセイのものなんだってさ!

わたくし、今のこの自由人の如き生活を謳歌するようになって早2ヶ月程になるんですがね。
あれ程大好きだった飲みに出掛ける事を殆どしなくなり、家に篭って何やらしておる所存で御座います。

 

4月は2回程出かけましたが、知人に誘われたのが1回。そして元の職場の面子に誘われたのが1回という内容で、気儘なものでは御座いませんでした。
然し5月になっていい加減に「行きたいなぁ」と言う思いがいよいよ高まって参りまして。この間行ってきたのですよね。

 

先に申し上げて置きますが、わたくし、二日酔いと言うものが殆ど無いのですよ。
たまに次の日に残る事があっても、大体は朝ご飯を食べて水でも飲めばもう影響が消える程度で、次の日にガッツリ残る二日酔いと言うのは殆ど経験が無いのですよね。

 

それが残ったんですよねぇ。メチャクチャに。午前中一杯動けない程に。
過去にここ迄酒が残ったのは一度だけでして。その時はギネスを1リットル程飲んでからバーボンを一本半程飲んだんですが。

 

今回はそんなに飲んでないんですけどね。最初のお店で生ビール1杯と焼酎の水割り3杯。次のお店でバーボンのストレート2杯とラム酒をロックで2杯だけ飲んだだけなんですがね。
どういう訳かヤバい位の二日酔いになってしまって、午前中一杯グロッキーで御座いました。

 

こういう時、酒をどんだけ飲んでも全然OKなロシア人は羨ましいですよね。
殆どの家に醸造機があって、ウォッカとイクラをモリモリ摂取しており、酒が飲めなければオーデコロン飲んだり靴磨きのワックスをパンに塗って食べたりとか色々と説明の付かない彼らですが、その位にお酒が平気って事ですからね。ちょっと舐めた位でアウトな我ら日本人には羨ましい限りですよ。

f:id:unasareru:20170521114824j:plain

(ボクが抱く最も近いロシア人の朝ごはんのイメージ)

 

でもどんだけ羨望の眼差しで彼らを見ても、我ら日本人にはどうしようも無い事ですからね。
仕方が無いからロシア人の作ったゲームでも遊んで、ちょっとでもその気分を味わおうぜ!

 

ってな訳で「Rogalia」ですよ(何時にもましてクソ長い出だしだなぁ)!

 

このRogalia。ロシアの方2人で作っておられるMMOなんですが。
なんでも作っている人が日本が好きだとかで、地元で通っている合気道の道場で知り合った日本人に頼んで、ローカライズもほぼ100%済ませてあるのでロシア語解らなくても全然トルストイです(なんだそれ)。

 

加えてキャラ名も日本語OK(しかも超長い名前でも付けられる)でチャットも日本語OK。そして何より驚くのがユーザーの殆どが日本人しかいねえよこのゲーム。
サーバーが現在2つあり、本国のEUにあるサーバーと、5/2に出来た日本のTokyoサーバーの2つがあるんですが、本国は大体1ケタか良くて20人位しかログインしてないっぽいです。

 

対する日本は30人位が最低ラインで、多い時で100人位ログインしている模様。
お陰で本国のユーザーが「あっちの方が人が多くて楽しそうだぜ!」ってEUサーバーから離脱しているようで、多分夏迄にはEUサーバー統合されてもおかしくないよねコレって状況です。

 

さてこのゲーム。2人で作っているという割には出来が良く、やって見ると実に面白いです。
ただ未だαテストの段階ですし、初期UOの如くフリーPK有りでかつ運営が割と運営にやる気を見せないので、バグだか仕様だか判らん痛がらせを受ける事も多々あったりと割とカオスでは御座います。

 

内容はまだまだ途上だなぁとは思いますが、他のゲームでも参考にするべき点もあり、頑張って作っているなぁよっぱらい共め!と関心する事も。

 

特にこのゲームで面白いのは食事に関するシステムですよ。

 

最近は多くのゲームで食事のシステムが導入されておりますが、大体はどのゲームでも満腹度があって、それを満たしておけばダイジョブってな感じの大雑把なものであり、色々な食べ物が用意されていても、結局は簡単で便利なものばかりを食べる事になると思います。

 

しかしRogaliaでは食料に栄養素の概念が有り、各栄養素は能力を上昇させる為に必要なものになるので、自分のキャラクターに合った食事を取る必要が出てくるのです。
肉体労働のキャラだったらタンパク質や脂肪、炭水化物をしっかり摂らないとならないし、錬金術や料理のような繊細な仕事をするならば、リンやマグネシウム、カルシウムの豊富な食べ物を食べねば成らない訳ですな。

 

この料理のシステムが、単純にキャラクターの腹を満たすだけというシステムに留まらなかったのは、Rogaliaの最大に面白い点でありましょう。
お陰で自分のキャラは掃いて捨てる程に居る意識高い系な人並に、炭水化物ダイエットしないとならんですよ。

 

まあ育つ事に影響が出るだけなんで、何でもバランス良く食べたら良いじゃないか!と思われるでしょうが、各能力には反作用があり、例えばタンパク質を摂取しまくって力を育てると、リンを摂取しての知性の成長率にマイナスがかかったりします。
6つの能力にはそれぞれ反属性が定められており、片方が上がるともう片方の成長に必要な栄養素がより多くなるという仕様なので、結果的に6つある能力のうち、3つに絞って育てるのが良いそうで。

 

ただ育ててしまったからと言って、反属性の能力が育たなくなるという事は無く、単に成長に時間がかかるだけですので、気にしないでガシガシ食っちゃってもダイジョブだと思います。

 

現状、生産で要求される素材の数や、素材を入手する為の手段のバランスが明らかに悪いのですが、まだα段階ですので今後の修正に期待したい所であります。

 

取り敢えず農作業にかかる時間をどうにかして下さい!ってのが現状の本音です。
小麦育つのに36時間とかちょっと日本語で喋ってもらって良いですかね?ってレベルですよ。

 

まあ後半の鉱石精錬とかの時間を聞くと、農作業は放置しておける分、救われてるなぁとは思いますけどね(鉱石を精製するのに168分、炉の前で火が消えないように薪を焼べる仕事と言う名の苦行)。

 

こりゃあちょっと正露丸片手にGMに直訴するしかねえ・・・!
※喇叭のマークでお馴染みの正露丸は、日露戦争の時にロシアの水が悪く、兵士が現地でお腹を下したら大変だから水無しで飲める薬を開発しよう!って経由で作られた薬。
なので本来の名称は征露丸であり、後に見た目がアレなんで今の名前に改名された(マークが喇叭なのも兵隊さんの使う喇叭をイメージしたもの)
それにしても当時の日本兵は、あの正露丸を水無しで飲めねばならなかったという点で、恐らく世界最強だったのでは無いかと思われる。
因みに正露丸の主成分は植物由来のナフタレンで、所謂タンスの防虫剤。
大変に危険な劇薬で、飲むと腹痛が感じなくなる程に体の感覚が麻痺するので、腹痛が治ったと思うんだとか。
今は流石にちゃんとしたもん使ってるんだろうけどね。

 

気になった方はSteamで購入して遊んでみよう!初期UOのあの作っている側も手探りだよねこれってきわどいバランスが病みつきですぞ。
(MMOだけどα版だからか、現在は購入時に費用がかかるだけで月額課金は無い模様。尚、既に幾つかの課金アイテムは売られているがそんな重要でも無いので買う必要希薄)

ひねもすのたりて明日を待つ

あ、どうも。久し振りです。仕事辞めてダラダラホゲーッと生きているだけのダメ人間です。
いや未だ辞めた訳では無いですよ?年休消化という大義名分で生きているんですからね?

 

但しその年休消化が60日もあるのが問題なんですが。

 

辞めた仕事の事をとやかく言うのは人としてアレなんでやんわり申しますが、もう1年近くも「何でこんなクッソつまんない仕事に従事しなきゃぁなんねえんだよ。」と思い乍ら過ごして来たんですが。
辞めたら毎日楽しくてしゃあねえ。

 

最初の何日かは「次の仕事はどうしようかなぁ。てか3ヶ月もダラダラしててダイジョブか自分?」とかちょっと悩んだりして、焦燥感があったりで精神的に落ち着かなかったんですが。
もう10日位になってくると正々堂々とダラけるようになって来まして、「ああ、人は環境に慣れる生き物だなぁ。」と、人の持つ環境適応能力にちょっと感謝しております。

 

もうね。天気の良い日なんて庭に出て、ラム酒やビール飲みながら流れる雲を1時間位ボケーッと目で追いかけたりしてますよ。

 

人間アレだ。特に何もしてない時が一番の幸せで最高の時間だね。

 

そんなこんなで無為に日々過ごしているんですが、流石に有閑過ぎて間が持たないので、自転車で無意味に歩き回ったり、田んぼで生えている草眺めていたりしてるんですが、本来ハイパーインドアの人間なので。
天気が良くても悪くても、部屋でPCとにらめっこしてるのが割と至福の時でございます。

 

最近はSteamで購入した「RimWorld」なるゲームで遊んでおります。


RimWorld Trailer #3

 

英語圏のゲームではありますが、日本語化されておりますので「英語わがんにゃい」って方でも遊べます(厳密には公式の日本語化では無く日本語化Modを公式が引っ張ってきている模様)。
更にSteamのWorkshopにも対応しており、クッソ高い難易度をやんわり下げてくれる数々のModが簡単に扱えるのでプレイ環境は実に充実しております(主要な人気Modも大体日本語化Modがあるので便利)。

 

遊んだ感じとしては、「AoEシリーズのようなRTSっぽくなったDwarf Fortressの流れを汲むタワーディフェンス要素を持った拠点育成防衛型のゲームで其処に更にローグライクな理不尽なイベントを盛り込んだ、割と作った人間の性格を疑わざるを得ない」ゲームでございます。
何言ってんだか判んねえぞ!って思われるでしょうが、ホントそんな感じなんですよ。

 

一応ストーリーがありまして、「何かの事故だか事件だかで乗っていた宇宙船がぶっ壊れたんで、手近にあった星に不時着しました。さあ頑張って脱出して家に帰るぞ!」という内容です。
要するに宇宙船作って脱出すればクリアです。

 

しかしそう簡単に脱出ポッドが作れる筈が無い。

 

誰だって例えば、スマートフォンの使い方は知っていても、作り方はそうそう知らないじゃないですか。たとえ材料を全部目の前に置かれても、其れを組み立てられる人はそうそう居ないですよね。
それと同じでこのゲームでも、脱出ポッドの使い方は知っていても、作り方が分からないから、段階を踏んで研究をして、最終的に脱出ポッドを作って家に帰るよ!という内容なんですよ。

 

だから脱出する為に畑耕したり牧畜してご飯作りつつ、鉱山を掘って岩や鉱石等のリソースを集めつつ、寒かったり暑かったりするのは嫌なので発電施設作って空調整えたり、作業と寝るだけとかちょっとブラック過ぎて耐えられないのでたまにビリヤードしたりパーティしたりもしなくちゃならない。

 

更には近所に住んでいるおっかない宙族(蛮族やならず者のような連中)がたまに銃や棍棒を手に遊びに来るから相手してあげないとならないし、自分らだけでも精一杯なのに救助信号をキャッチしたから助けてやったら、重度のアル中で白内障持ちの60代後半の爺さんが降って来て、禁断症状で暴れるわ白内障で仕事は何もしないわで面倒だから襲ってきた宙族にぶつけて死んで貰ったりとホントこの星はお楽しみ満載です(二度と会わないように、そして思い出さないように墓はMAPの一番端っこに作ってやった)。

 

理不尽で無茶なイベントが山盛り特盛りなんで、何処まで拠点が大きく育っても、入植者が完全武装で無敵になったと思っても、全然全く気が抜けないですよ。
まあ自分は未だに最初の1年が越せないでいるんですけどね(大体熱波と寒波の所為)。

 

でもこう、何と申しましょうか。このゲームで遊んでいると、SFCの「風来のシレン」を遊び始めた頃を思い出すんですよね。
手探りで遊んで、失敗したら遣り直して失敗した部分の「何が悪かったのか?」を考えて試行錯誤して次に進むあの感じ。

 

しかしそれでも余りにきついんでwiki見ながらのプレイになってますが、それでも全然安定しないです。

 

動画を上げている方の中にも、セーブデータを何日分か取っておいて、致命的な結果になりそうならロードしているそうですが、遊ぶと判ります。それはホント仕方無い。やむを得ないです。

 

それでもちょっと試練が多すぎるので、どなたか嫌なイベントは全く起こさず、宇宙から物資が定期的に飛来して来て(それもコンポーネントのような重要素材ばっかり)、そしてやって来る新しい入植者は20代前半の、雑用でも生産でも研究でも何でも出来るような逸材ばかりになるようなストーリーテラーAIの開発してくれませんかね。

 

メーカーが公式で「うちらはSteamのセールはやんねえよ!」と、実にロックな事を申して居りますので、欲しいと思った時が買い時のゲームです。興味を持ったら是非買いましょう(定価は¥2,980)。
そして過酷な惑星での生活を楽しもうぜ!こんな風にな!


【RimWorld】 リムワールドへようこそ! Part1 【3人の遭難者】

 

しかしこれだけ遊べるゲームなのに未だにアーリーアクセス(未完成のテスト段階)なんすよね。
もう内容的に「十分完成してるじゃん!」と思うんですが、未だ追加したい要素とかあるんでしょうな。開発にやる気があるのは良い事です。

 

「Forsaken Isle」や「Feel The Snow」はもっと見習っても良いと思うよマジで(開発が明らかに止まってしまうのを楽しむのもアーリーアクセスの醍醐味である、と思う)!

生まれた河川に帰ってくる鮭の如き生き様で御座います

ToS始めました!と言ったのは何時の頃だったか。

 

山崎パン高井戸工場サンドイッチ班班長ピクルス担当。
あぁ・・・単純作業のお出ましだ・・・
巨大なジャムパンが攻めてくる・・・
キュウリは2枚までって言ってんだろう!


【右翼】鳥肌実!伝説の自己紹介スピーチ!!

 

そんな鳥肌実中将の演説が頭を過ぎる位に単調なレベル上げしかする事が無いんで、どうしても一回のプレイ時間が短くなるんですよ。

 

「よーし今日は休みだしガッツリバッチリ遊んじゃうぞー!」
とか思って始めても、1時間も遊ぶと何と言うかその。飽きる(下手すると30分位で飽きる)。

 

これが例えばPSO2のように、戦闘にメリハリがあれば話も変わってくるんですがね。
特にLV30台辺りで突然Mobがクッソ硬くなってくるのが、飽きるのを更に全力ダッシュさせて来れます。

 

そんな感じなんで休みの日に手隙になる事が多かったので、何しようかなーとかぼんやり考えていたのですが。
Twitterの方でUOの公式っぽいのが「Pub95がもう直ぐ来るで!」って呟いていたので、ちょっと翻訳されたPub95の内容を見て来たんですよ。

 

何これ料理にバルクオーダーシステムとか今更の今頃にこんなのブッ込んでくるとか何してんだUOは(料理以外にも多数の生産にバルク導入するっぽい)
マジかこれ。今日は四月一日じゃないよね。信じていいんだよね信じちゃうよおじさん。

 

そんな感じでワクワクが止まんない状況にあったんですが、そんな折、ふと暫く前に18*18の土地を手に入れて放置していたのを思い出して「建築も暫くやってないしPub95来る迄建築して遊ぶか!」と思ってアレコレやっていたんですよ。

 

んで、その家に使うアドオンが色々欲しかったのでベンダーめぐりをしていた時なんですがね。
18年にも及ぶUOでの生活の中で、最大最強最高最上の拾い物を致しました。

 

f:id:unasareru:20161118070529j:plain

New Maginciaの土地、ゲットだぜ!!!

 

Maginciaは我が故郷。18年前の11月にUOを始めた際に、原作のウルティマで遊んでいた自分は「羊飼いとしてブリタニアで生きていこうじゃないか!」と決意して、羊飼いの故郷であるMaginciaで開始したのです(実際には羊飼いの町になる前の旧Maginciaだったので、金持ちの避暑地で傲慢さの象徴の町だったんだけど)。
そんな旧Maginciaですが、原作のウルティマの時系列に合わせ、傲慢さを徳と勘違いしていた所為で壊滅いたしました。

 

その後、UO内でMaginciaが謙虚の象徴の町に生まれ変わろうという事になり、更地になって家の建築が出きるようになったりと、所謂Nwe Maginciaへと変貌を遂げた訳で御座います。

 

然しその際、家の建築は入札制で土地購入権を手に入れるという何とも惨い仕様でありまして。
只の市井の民に取っては入手など不可能な状況に御座いました。

 

でもこうして手に入れる事が出来たのは何よりです(勝利者とは最後に立っている者の事を指す、とは正にこの事ではなかろうか)。
大きさ的には15*15と割と小さ目の土地ですが、最大ストレージですので問題無いです(そもそもそんなにアイテム持ってないからストレージ小さくても問題無いけど)。

 

まあこの場所が普通に空き地になっても見向きもされず、放置されている現状ってのはUOにとってはユーザー数の減少を如実に示している事なので、手放しに喜んで良いものではないですがね。
場所によっては18*18でも普通に空いているし、更にタワーなら建築出来る場所があったりするのが何とも寂しいものがありますが、これも時代の趨勢ですからなぁ。止む無しとは理解しております。

 

が、それでも何だかんだありつつも18年も連れ添ったのですから、もう最期迄見取るつもりで課金続けたいと思います。

何を歌っているのか良く判らんけど良いものは良い

去年の6月位からなんですが、洋楽のbad religionをヘビロテで聞いております。
14枚のアルバム(とあとベストアルバム1枚)を約1年で買い集め、車で移動中も部屋でPC弄っている時もずーっと聞きっぱなしですよ。

 

それにしても流石はメロコアの開祖で御座いますな。聞いていてホント飽きないです。
最初期のアルバムは絶版だし、そもそもCDにもなっていないんで持っていないですが(You Tubeにあった公式の音源では聞いたけど)、3rdのsufferからは全部買いましたぜ!

 

でもsufferとか1988年の頃のアルバムなんで、当然新品なんて無いんですよ。しかもその頃のは日本での発売も微妙だったので、UK経由の中古品とかそういうので何とか揃えた次第で御座います。
人に言わせりゃ「デジタル音源で買えば済むんじゃねえの?」って言われそうですが、アルバムで持ちたいのですよ。

 

そんなbad religionですが、曲が良いなぁと思って聞いている部分が多いですが、和訳された歌詞を目にすると、何か滅茶苦茶スゲエ事歌っているなオイ!となって、更にはまったりするんですよね。

 

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23598758
これとかホント良かったです。30年以上もパンクの最前線で活動してきて、若いパンクキッズ達にこんな素敵な形でエールを送るとか、ちょっとかっこ良過ぎじゃないですか。

 

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5377550
言わんとしている事は理解しますが、こうするしか生きていけないんですけどね日本の社会人てば。
でも何時かはこんな悪しき社会が変わると良いですな。

 

http://www.nicovideo.jp/watch/sm565268
初期の傑作中の傑作。
アメリカ人だからこそ歌えるアメリカの歌で御座いましょう。
この曲の入っている「Recipe for Hate」は何気に名曲多いですな(KeroseneとかSkyscraperとか)。

 

https://www.youtube.com/watch?v=BxoD9zWY9Rg
ニコ動に無かったのでYou Tubeからで。マスコミに対する痛烈な批判と皮肉の歌だそうで。
アメリカも日本も行き過ぎたマスコミは害悪なんですなぁ。

 

他にも良い曲が大量に在るんですが、在り過ぎるのでここらで打ち止めに。
気になった方はYou Tubebad religionの公式チャンネルあるんで、そこで聴くと良いですぞ(アルバム全部上がってる大盤振る舞い)。
https://www.youtube.com/user/BRFullDiscography

触れもしないで良くないと判断するのは早計と言うものだが触れなくとも判るものも少なからず存在する

お久し振りの更新で御座います。
この度、暇に感けて今更感が漂う「Tree of Savior」(以下ToS)とか始めてみましたよ。

 

知人が何か始めて居たみたいで、ブログ見てたら「あーそんなに面白そうには見えないけど暇だし始めてみるかぁ。運営がアレだけど確かそこのID在ったし。」とか思って開始です。

 

んもうここの運営のゲームとかやるの何年振りであろうか・・・。
昔は風の王国とかエランシアとかやっていたんですが(クッソ古いなしかし)、どっちももの凄いクソゲーだったので即効で飽きた記憶しかない(その後EVE Onlineの日本語版の窓口になったのでちょっとだけ利用したけど)。

 

もうね。風の王国とか凄かったですよ。知人の勧めで始めたんですが、ひたすらリス殴って、ドングリ強奪して、それ齧りながらまたリス殴っていた思いでしかない。
しかも序盤だけかと思ったら、後半は今度は熊を殴って熊肝齧ってまた熊殴るだけって言うね。

 

そんな香ばしい思い出が一杯詰まったネクソンIDを引っ張り出して始めた訳ですよ。
(性格が大雑把で雑な癖に、こういうオンラインで登録したID等は全部メモっているので、過去に何時作ったのか、何の為に作ったのか覚えていないようなIDでもサクサク引っ張りだせる)

 

さて。昨今のMMOやMOってのはプレイする前からゲームが始まっていると言っても過言では御座いません。
全然全く何も知らないで始めて狩場に着いたら「何でWikiでも動画でも見て勉強して来ねえんだよカスが!」等と罵声を浴びせられても仕方の無い修羅の国だからです。

 

それでも私は敢えて言いたい。
何も知らない状態で触れるのが一番面白く、そして最も楽しめる最高の手段であると言う事を声を大にして言いたい。

 

そんな他人がたどった道を、鎖で繋がれて歩かされるだけの奴隷のようなゲームプレイなんざクソ食らえなんだよ!
効率厨は家に居るゴキブリもろとも死滅しやがれ!

 

とか思っても口にしませんけどね(文章には起こしたけど)。争い事は嫌いですし。

 

でもプレイスタイルなんてのは人それぞれですからな。ましてやオンラインのゲームは周りに居るのは命令通りに動いてくれるNPCでは無く、血の通った同じ人間なんですからな。
一方通行に「貴方にはこうして欲しい、否、貴様はこう動くべきだ!」なんて思うのは人を人と見なさぬ考えだと思います。

 

ちょっと話が脱線しましたが、兎も角周りが何と言おうと、矢張り最初は新鮮さを楽しみたいと思うんですよ。
Wikiやら動画やら探るのは行き詰ってからで良しですよ。

 

とか思っていたんですが、ToSはキャラクターの名前の他に「チーム名」なるものを決めなされ!とか言われたもんだから「何それアメリカの田舎の方にだけあるジャンクフードか何かですか?」とか思ったもんでWikiったり何だりしちゃいました。テヘ。

 

ふむふむ。成る程。チーム名とはアカウント名でありキャラクターに付く苗字のような扱いのものなのですなぁ。
これ、Wiki見てなかったら絶対微妙なもの名付けてましたよ(「暁の戦力外部隊」とか「ご長寿クラブToS支部」とか候補だった)。

 

道理でログインして見たら可笑しな名前のキャラクターが多数歩いている訳だ。うわー何あの人の名前。超ウケるんですけど。

f:id:unasareru:20161109104421p:plain

しかしこのチーム名。苗字のような扱いの癖にアカウント名として扱われているもんで、他人が使っていると自分で使えないのが不便で困りもの。
当初、「North」や「Blaze」と言った過去のネトゲ等で使ってきたものを使おうとしたのですが、当然のように使われてしまっていて名付けられない。

 

もうこうなりゃイギリスの難読姓名「Featherstonehaugh(=ファンショー)」とか使おうとしたんですが文字数制限でアウト(16文字しか使えなかった)。

 

しゃあないので適当にBagclosureとか命名。
この苗字付けたんだからキャラ名は全部パンの名前で付けねばなりません(Bagclosureは食パン等の袋の口を止めているあのプラスチックのチップみたいな奴の名称)。

 

なので1thキャラの名前は「Tebirkes Bagclosure」と相成りました。

f:id:unasareru:20161109103831j:plain

Tebirkesはデンマークだかのパンで芥子の実を塗してあるパンだそうで。

 

4クラスから職業選んで始めるんですが、どれがどうとか良く判らんので適当にアーチャーで開始です。
育成失敗してアーチャーが「アチャーッ!」ってならないように頑張りますよ(もう既に駄目な気もするけど)!

 

そして同じ事を繰り返し遊んでいると即効で飽きるんで、ちょっと楽しいテンションを維持する為に2thキャラも作成です。
その名も「Streuselkuchen Bagclosure」と言う名のウィザードで御座います。

f:id:unasareru:20161109103842j:plain

Streuselkuchenはドイツの方の菓子パンみたいなのかな。
パンの名前使うぜ!とか思っておいてなんですがパンに詳しくないのでどれも適当に手元の資料を漁って名付けると言う体たらくぶりですよ。

 

そしてどちらのキャラクターもポニーテールです。Bagclosure家の家訓でポニーテールをしないと破門にされるんです。

 

現在は1thがLV33で2thがLV16という感じ。
1thはそろそろソロでやるにはMobがクッソ強くなって来たなぁって感じで御座います。
2thはもう序盤からMobどうすんだこれ!って位にきつい感じです。

 

アーチャーは遠距離攻撃が当たり前ですから、Mobの周りをぐるぐる回って居れば大抵どうにでもなるんですが、ウィザードはロッドによる通常攻撃が硬直長くて威力が低いんでホントきついです。
かといって初期に選択した魔法が悪かったのか、肝心の魔法も割と微妙で戦い難い事この上無い!

 

結局、ロッドの攻撃がジャンプしてやると硬直が少ないんで、コナミが昔ファミコンで出した迷宮寺院ダババの主人公みたいに常にピョンピョン跳ねながら戦ってますよ。
(迷宮寺院ダババ参考動画=http://www.nicovideo.jp/watch/sm3333811

 

でも割とこれが楽しいんですよね。アーチャーより遊んでいる感凄いです。

 

ま、そんな感じで遊んで居ります。
・・・何時まで続くかは微妙ですけどね。