読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根無草冒険手記

雑多になんか色々と

触れもしないで良くないと判断するのは早計と言うものだが触れなくとも判るものも少なからず存在する

お久し振りの更新で御座います。
この度、暇に感けて今更感が漂う「Tree of Savior」(以下ToS)とか始めてみましたよ。

 

知人が何か始めて居たみたいで、ブログ見てたら「あーそんなに面白そうには見えないけど暇だし始めてみるかぁ。運営がアレだけど確かそこのID在ったし。」とか思って開始です。

 

んもうここの運営のゲームとかやるの何年振りであろうか・・・。
昔は風の王国とかエランシアとかやっていたんですが(クッソ古いなしかし)、どっちももの凄いクソゲーだったので即効で飽きた記憶しかない(その後EVE Onlineの日本語版の窓口になったのでちょっとだけ利用したけど)。

 

もうね。風の王国とか凄かったですよ。知人の勧めで始めたんですが、ひたすらリス殴って、ドングリ強奪して、それ齧りながらまたリス殴っていた思いでしかない。
しかも序盤だけかと思ったら、後半は今度は熊を殴って熊肝齧ってまた熊殴るだけって言うね。

 

そんな香ばしい思い出が一杯詰まったネクソンIDを引っ張り出して始めた訳ですよ。
(性格が大雑把で雑な癖に、こういうオンラインで登録したID等は全部メモっているので、過去に何時作ったのか、何の為に作ったのか覚えていないようなIDでもサクサク引っ張りだせる)

 

さて。昨今のMMOやMOってのはプレイする前からゲームが始まっていると言っても過言では御座いません。
全然全く何も知らないで始めて狩場に着いたら「何でWikiでも動画でも見て勉強して来ねえんだよカスが!」等と罵声を浴びせられても仕方の無い修羅の国だからです。

 

それでも私は敢えて言いたい。
何も知らない状態で触れるのが一番面白く、そして最も楽しめる最高の手段であると言う事を声を大にして言いたい。

 

そんな他人がたどった道を、鎖で繋がれて歩かされるだけの奴隷のようなゲームプレイなんざクソ食らえなんだよ!
効率厨は家に居るゴキブリもろとも死滅しやがれ!

 

とか思っても口にしませんけどね(文章には起こしたけど)。争い事は嫌いですし。

 

でもプレイスタイルなんてのは人それぞれですからな。ましてやオンラインのゲームは周りに居るのは命令通りに動いてくれるNPCでは無く、血の通った同じ人間なんですからな。
一方通行に「貴方にはこうして欲しい、否、貴様はこう動くべきだ!」なんて思うのは人を人と見なさぬ考えだと思います。

 

ちょっと話が脱線しましたが、兎も角周りが何と言おうと、矢張り最初は新鮮さを楽しみたいと思うんですよ。
Wikiやら動画やら探るのは行き詰ってからで良しですよ。

 

とか思っていたんですが、ToSはキャラクターの名前の他に「チーム名」なるものを決めなされ!とか言われたもんだから「何それアメリカの田舎の方にだけあるジャンクフードか何かですか?」とか思ったもんでWikiったり何だりしちゃいました。テヘ。

 

ふむふむ。成る程。チーム名とはアカウント名でありキャラクターに付く苗字のような扱いのものなのですなぁ。
これ、Wiki見てなかったら絶対微妙なもの名付けてましたよ(「暁の戦力外部隊」とか「ご長寿クラブToS支部」とか候補だった)。

 

道理でログインして見たら可笑しな名前のキャラクターが多数歩いている訳だ。うわー何あの人の名前。超ウケるんですけど。

f:id:unasareru:20161109104421p:plain

しかしこのチーム名。苗字のような扱いの癖にアカウント名として扱われているもんで、他人が使っていると自分で使えないのが不便で困りもの。
当初、「North」や「Blaze」と言った過去のネトゲ等で使ってきたものを使おうとしたのですが、当然のように使われてしまっていて名付けられない。

 

もうこうなりゃイギリスの難読姓名「Featherstonehaugh(=ファンショー)」とか使おうとしたんですが文字数制限でアウト(16文字しか使えなかった)。

 

しゃあないので適当にBagclosureとか命名。
この苗字付けたんだからキャラ名は全部パンの名前で付けねばなりません(Bagclosureは食パン等の袋の口を止めているあのプラスチックのチップみたいな奴の名称)。

 

なので1thキャラの名前は「Tebirkes Bagclosure」と相成りました。

f:id:unasareru:20161109103831j:plain

Tebirkesはデンマークだかのパンで芥子の実を塗してあるパンだそうで。

 

4クラスから職業選んで始めるんですが、どれがどうとか良く判らんので適当にアーチャーで開始です。
育成失敗してアーチャーが「アチャーッ!」ってならないように頑張りますよ(もう既に駄目な気もするけど)!

 

そして同じ事を繰り返し遊んでいると即効で飽きるんで、ちょっと楽しいテンションを維持する為に2thキャラも作成です。
その名も「Streuselkuchen Bagclosure」と言う名のウィザードで御座います。

f:id:unasareru:20161109103842j:plain

Streuselkuchenはドイツの方の菓子パンみたいなのかな。
パンの名前使うぜ!とか思っておいてなんですがパンに詳しくないのでどれも適当に手元の資料を漁って名付けると言う体たらくぶりですよ。

 

そしてどちらのキャラクターもポニーテールです。Bagclosure家の家訓でポニーテールをしないと破門にされるんです。

 

現在は1thがLV33で2thがLV16という感じ。
1thはそろそろソロでやるにはMobがクッソ強くなって来たなぁって感じで御座います。
2thはもう序盤からMobどうすんだこれ!って位にきつい感じです。

 

アーチャーは遠距離攻撃が当たり前ですから、Mobの周りをぐるぐる回って居れば大抵どうにでもなるんですが、ウィザードはロッドによる通常攻撃が硬直長くて威力が低いんでホントきついです。
かといって初期に選択した魔法が悪かったのか、肝心の魔法も割と微妙で戦い難い事この上無い!

 

結局、ロッドの攻撃がジャンプしてやると硬直が少ないんで、コナミが昔ファミコンで出した迷宮寺院ダババの主人公みたいに常にピョンピョン跳ねながら戦ってますよ。
(迷宮寺院ダババ参考動画=http://www.nicovideo.jp/watch/sm3333811

 

でも割とこれが楽しいんですよね。アーチャーより遊んでいる感凄いです。

 

ま、そんな感じで遊んで居ります。
・・・何時まで続くかは微妙ですけどね。