読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根無草冒険手記

雑多になんか色々と

駄目人間と書くよりダメ人間と書く方がしっくりするのは筋肉少女帯の影響だよね

チームのマネージャーであるY嬢がこの前、ナギサ眼帯をつけていたので「それ、普通の眼帯も付けたら両目眼帯になりますな!」と申し伝えたのですが。
「ヤリマセン」と実に連れない事を申されましたが、暫し後、独りになって試して見たようで、「サングラスしているようにしか見えない」と仰っておられました。

 

さあ次は民衆の前でお披露目するんだ!

 

さて。そんなどうでも良い事を思いながらダラダラと過ごす休日の午後で御座いますが、午後と言えば「午後の紅茶」ですな!

 

でもあんまり午後の紅茶好きじゃないんですけどね。

 

いや紅茶自体は好きなんですよ。割と飲むし。でも紅茶に何か混ぜて飲むのが好きじゃないので、そんなに飲まないんですよね。
まあ無糖のは何も無いから飲みますが。あれは良いものだ・・・。

 

自分はコーヒーもそうですが、何も混ぜないで飲むのが一番好きなんですよねぇ。
お酒だって出来るだけ原液(ストレートと言え)で飲むのが好きだし。カルピスだけは原液じゃ無理ですが。

 

しかしそう言いつつも、焼酎なんかは水割りだったりしますが。
そういう話を書いていたら焼酎が飲みたくなってきたので、焼酎を用意しつつブログの下書きを書き書き。

 

少し前に母親が長崎の方に旅行に出掛けて来た様で、山盛りの焼酎を買って来たので、暫くは焼酎漬けで御座います。

 

まあ長崎に行って買ってきたのに5本の内、長崎の焼酎は1本だけだったんですがね。
後は大分と熊本と宮崎だったかな。何か割と滅茶苦茶に売られていたようです。

 

九州の焼酎と言う事で、てっきり芋ばっかりなのかと思っていたのですが、米と麦が2本ずつで、芋は1本だけでした。
米と麦を開けたので、今は芋に取り掛かっております。

 

最初に飲んだのは大分の純米焼酎「余谷」。ラべルに可愛らしい大山椒魚の絵が描かれており、純朴な手書き風の文字等と相まって、如何にも「旨い」と言うオーラを出しておりました。
飲んだらホントに美味しくて吃驚。何これスゲエ。

 

でも調べたら年間生産2,000本とかの焼酎のようで、通販では買えないようで。もっとゆっくり飲めば良かったなぁ。

 

次に飲んだのは宮崎の麦焼酎「高千穂」。これも吃驚な焼酎でした。
水割りで飲んだら超薄い。濃い目に作っても薄いです。

 

ラベルを見たらロックで飲むのがオススメとの事。早速試したら・・・。うん、まだ薄いなこれ。
アイスランドのブレニヴィンの如く、瓶ごと冷蔵庫で冷やしてストレートで飲むのが良さそうな焼酎でした。ブレニヴィン飲んだ事無いけど。

 

しかし麦焼酎のウィスキーのような独特の癖が無く、焼酎に慣れていない方が飲むには大変に良いんじゃ無いかと。
逆に癖が少な過ぎるので、飲みなれている方には物足りないと思いますな。

 

んで、今飲んでいるのが鹿児島の芋焼酎「美し里」。読み方は「うましさと」のようで。キラキラネームみたいですな。
名前で云々申しましたが、肝心の味の方は旨いですなこれも。

 

黒霧島のように癖が少なく、其れで居て味の方はしっかりしており、個人的にはこっちの方が常飲に向いていると感じました。
価格的には黒霧島の方が安いようですが、其処までの差では無いし、通販でも買える様なので普段飲むにも良さげです。

 

いやぁもう何と言うか。平日の休日の、まだお天道様が真上で頑張ってらっしゃる時間に飲む酒はうめえなホントに。
PSO2がブースト期間なんで、今日はもうガッツリやっちゃうよー!とか思っていたのに、結局ダラダラと酒飲みながら過ごすというね。

 

PSO2じゃなくてダメ人間な感じがブーストされてる感じですな!