読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根無草冒険手記

雑多になんか色々と

少しは年齢を考えて生活してみよう(今年は後厄)

其の他

火曜日。割と仕事が楽な事が多いのですが、本気で楽勝だったです。
そして水曜日が休みだったんで、「こりゃあ今日は飲みに行くしかないっしょ!」と思っておりましたらば。

 

「今日、他局から営業関係の人が集中営業で来るんで、歓迎の飲み会やるんで来れます?てか来て下さい。」と言われたので行く羽目に。
しかしその飲み会が6時半からで、仕事が終わったのが定時の5時。

 

これは何処かで飲んで時間潰すしかない。

 

という事で適当に散策していたのですが、最近は飲み屋街でもお客が減ってきた所為で、5時半とか6時位にならないと開けないお店が多くなりまして。
お店に難儀しながら歩いていたら、前から気になっていたお店の提灯が点灯して居たので「ここにしようかなぁ」とか悩んでいたらお店の人が出てきて看板とか出していたので「開いてますか?」と聞いたら「どうぞどうぞ」と。

 

いや、まだ入るって言ってないんですけど。聞いただけなんですけど。
と思いつつも店内にログインしてまあ適当に時間潰し気味に飲む&食べる。

 

オヤジさんから、古希目前にして後釜がいないからまだお店続けないとならないんですよ、的な話を3ループ程聞かされつつ、ビール飲んだり熱燗飲んだり牛すじ煮込みつついたり。
メニューがちょこっと少なめでしたが、なかなか良いお店でした。また来よう。

 

んで、6時半になったので目的のお店へ。
チェーンの居酒屋なのですが、割とメニューが良いのでそこそこ利用しておりお店です。

 

でも飲み放題のコースだったので、食べるものが固定でちょっとショック。
しゃあないから何も食べないでビール飲みつつウィスキー飲みつつ莫迦な話したりして騒ぐ。

 

8時半頃になり、時間なので退出。そこそこ飲んでいたのですが特に何も食べていなかったので、何人かの有志達と共にカレーでも食べて帰ろうかなーとか思っていたら、目的のカレー屋さんが既にやってない。
仕方ないのですぐ隣にあった中華料理屋に突撃して、タンメンとカニチャーハンをガッツリ食べる。

 

タンメンは大変にアレな出来でしたが(歯の無い方にも安心して食べていただけるような、大変に柔らかな延びた麺だった)、チャーハンは割と美味しかったです。酔っ払っていたからだと思いますが。
商店街にあるさるラーメン屋もそうなのですが、素面で食べるとパッとしない癖に、飲んでから行くとやけに旨く感じるお店ってあるんですよね。

 

さてここで帰っても良かったのですが、まだ甘いものを食ってない事に気付く。
しかし一緒に付いてきた有志達は明日仕事なので、とっとと帰って寝とけ!と追い返そうとしたら、「甘いものなら付いていきますよ!」って言われて結局皆で行く事に。いや帰れよお前ら。

 

こんな夜中に甘くて美味しいものを食べようとするならば、行きつけのバーしかない。という訳で毎度のドランケンダックへ(前回の日記で出ていたお店)。

 

そこでドランブイ飲みつつミルクレープ食べつつアップルシダー飲みつつ過ごす。
ミルクレープうめえ!ちょっと掛かっていた蜂蜜が素晴らしくマッチしておりました。次はこれ2つか3つ食べようそうしよう。

 

しかしアップルシダーとか初めて飲みましたが、あんな味の飲み物だったとは・・・。
存在はUltimaOnlineで知っていましたが、あれビールって言われても全然そんな気がしないですな(炭酸の入ったワインの如き味だった)。

 

いやぁ実に有意義な夜でした。