読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根無草冒険手記

雑多になんか色々と

イベント盛り沢山!

其の他

いやPSO2の話じゃなくて現実的なお話でね。

昨日(5/10)は愛鳥週間!そして本日(5/11)は母の日!
昨日より今週一週間は鳥という鳥を愛で、今日は更に産んで下さった(若しくは育てて下さった)母君を称え労う日に御座いますぞ。

まあ母の日はあれですね。カーネーションと何か甘ーいものでも買っておけば、大抵のお母様はご満悦だと思うんで良いと思います。
其れで足りないと思ったら、何処か遠くに連れて行くとか、昼餉や夕餉に何かご馳走するとか、肩叩き券の発行(小学生かよ)とか、庭の草むしりとか、そんな事でもすれば良いんじゃないんすかね。

問題は愛鳥週間ですよ。

先日、PSO2にて新たなDFが実装と相成りました。
既に攻略法が確立されつつあり、初回であれだけ猛威を振るった彼は、今や数分程度で陥落する始末。

然し良く考えて見て下さい。彼はフクロウのデザインしてるじゃないですか。
そして今週は愛鳥週間なのですよ。

少しは優しくしてあげましょう。愛鳥週間なのですから。
襲って来たから斃し押し退ける、と言う単純な思考を振るっていては、凡そ知性のある獣である人間の行いとは思えませんぞ。

でも人間の愛の表現って、真っ直ぐなものは真っ直ぐですが、捻れるととんでもない形に成りますな。

例えば日本では鯨やイルカを食べますが、白人の跋扈する国では「とんでもない!」と言われます。
その理由も「賢いから食べちゃ駄目」とか、ちょっと解し兼ねるものだったりしますが(聖書に「海の魚と陸の獣」が神様の与えた食料だから「海の獣」である鯨やイルカを食べたらアカン!が根底にあるとか何とか)。

このトンデモ理論も、動物に対しての愛の形の一つでは無いかと思われます。

まあ国毎の文化の違いというのは、その国々が歩んできた歴史な訳ですので、無闇に理解出来ぬからと批判するのは間違いでしょうが。
だから鯨食べようとイルカ食べようと馬食べようと放って置いて下さい!

人間同士でも同じで、仲睦まじく夫婦番で生涯を共にする者が居るかと思えば、捻れ歪んだ形でしか表せぬものもある訳でして。
例えばカニバリズムなどは食欲や性欲の延長線にあるものではなく、愛欲の延長戦にあるものだと思うのですよ。

人間は愛が募り許容量を溢れた時に、愛の形が歪で異質で異型のものへと変質する訳ですな。
なので自分も鳥を愛するが故に、愛でるだけに留まらずに、食べる行為へと変異するんですよ。

まあ何だかんだと長々と説明しましたが、愛鳥週間でも美味しく鶏肉頂くよ!って訳さ!

近所には丁度、ケンタッキーフライドチキンが御座います。
過去に親戚の家で振舞われた時に「クッソ不味いぞこれ!」と憤慨しましたが、愛鳥週間でもお構い無しに鶏を殺し、油で揚げるという自らの生業に何の疑いも持たず、職務に愚直なお店なのですから、労ってあげないといけませんね。

だからクッソ不味いイメージしか無いお店ですが、しゃあない行ってやるか、と思った次第です。
かく言う自分も、高校時代、授業の一環で鶏を屠り、食肉へと変えていた過去を持つ故、ケンタッキーには一定の敬意を示さねば成らないだろう(農業高校だったんで)と。

それに鶏が(文字通り)身を挺して食料へと成って下さっているのに、愛鳥週間だからと食べる事を拒絶し、無闇に破棄されてしまっては、其れこそ命の無駄遣いというもの。
食べて供養するのも一つの愛でありましょう。

夕刻より少し前。クソ混みだした田舎の国道に辟易しつつ、ドライブスルーで適当にフライドチキンを買い込み、帰りにビールを買って帰宅です。

最近の暑くもなく寒くもない、程よい陽気の日柄の時は、夕刻の頃にビールで早めの晩酌というのが定番と化しておりまして。
休日となれば朝起きた時から「今日はどんなビール日和にしようか」等と考える始末ですよ。

そんなこんなで目当ての品々をゲットしてきたので、早速部屋で飲み食いをしたのですが・・・。

チキンの破片がこぼれまくりですよこれ。
部屋で食べるにはちと不向きですな。

でもまあ、目的を果たせたので良い休日であったと思います。
フライドチキンが美味しくなかった事を除けば、ね。

普通にどこかの中華料理のお店で、唐揚げ齧りながらビール飲んだ方が良かったかも知れない・・・。